感染対策の取り組み

消毒、検温、記録を練習会場入場時に全員行います。

ベルの部分に不織布を被せます。

さらにベルの前に飛沫防止フィルムを立てます。

奏者間の距離をできる限り取ります。